Nov 1, 2016

ヴィーガンココナッツバターレシピ☆vegan coco butter 植物性のバターを簡単に作ろう!

こんにちはakiです!

 

今日は植物性の安全なバターのレシピを紹介します!

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-10-2016-11-01-13-35

 

スポンサーリンク

 

 

その前に・・・

なぜバターをわざわざ作るのか?

と思う方もいると思います。笑

 

私はマーガリンを食べません。

 

トランス脂肪酸の心配があるから。

 

 

トランス脂肪酸とは?

 

トランス脂肪酸は、サクサクしたお菓子(クッキー、ビスケット)や、

フワフワしたお菓子(ケーキ、ドーナッツ)、

マーガリンやマヨネーズなど、加工食品に多く含まれています。

butter-596296_960_720

 

 

マーガリンって?

 

マーガリンは植物性の油に水素を添加し化学反応を起こして作っています。

化学反応を起こすので分子構造が変わってしまいます。

その構造がプラスチックに似ていることから、

食べるプラスチックと呼ばれています。

安価で日持ちするので大量生産されています。

 

 

トランス脂肪酸の危険性

woman-933488_960_720

トランス脂肪酸は細胞膜の形成を阻害し、

免疫異常をきたしたり、悪玉コレステロールを増やしたり、

活性酸素が大量に発生することがわかっています。

摂り続けることにより体へ蓄積されて

がん

アトピー

うつ

動脈硬化

コレステロール異常

心臓疾患

などになりやすくなります。

 

 

アメリカは2018年以降トランス脂肪酸の食品への使用が

原則禁止を発表しました。

ヨーロッパ諸国、中国などのアジアでも、

表示を義務付けたり対策をしています。

 

日本は摂取量が少ないとの理由でそこまでの対策に

でていません。

 

トランス脂肪酸の怖さを知っている以上、

私はマーガリンを食べません。

 

少量の良質なバターのほうがいいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

美味しいココナッツのバター

coconut-1501334_960_720

 

バターは動物性のものなので、

消化に時間がかかるので自炊の時には使っていません。

 

でもバターって美味しいんですよね!

あの風味が最高!

 

そんな時にココバターがあればバターの雰囲気を味わえます。(笑)

 

パンに塗ったり、野菜やキノコをソテーしたり!

ラップを敷いた容器で冷蔵庫で固めて、一口サイズに切って冷凍しておけば、

すぐ使えて便利です。

 

ハーブを混ぜたり、ナッツを混ぜたりしてアレンジも楽しめます!

ココナッツオイルを使うのでどうしてもココナッツ風味なのですが、

私はバター代わりには十分です!

 

もっと本格的な作り方もあるのですが、

とりあえず今回は簡単な方を紹介しますね!

 

 

 

ココバターの材料

ココナッツオイル

水切りした豆乳ヨーグルト

甘味料

 

 

ココバターレシピ

液体の状態のココナッツオイルに

水切りした豆乳ヨーグルト、甘味料、塩

を入れて混ぜる。

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-6-2016-11-01-13-35

 

ココナッツオイルが固まる位(夏は冷蔵庫、冬は常温でok)

放置して、よく混ぜて完成!

%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-9-2016-11-01-13-35

 

 

簡単すぎてスミマセン。笑

 

 

ピクニック用にお弁当を作った時に

キャンドルつけて撮影しましたので、

動画もぜひ見てみて下さい!

 

ではまた!

 

aki

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク
Posted in レシピNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment