アトピーのようになってしまった毎日出る原因不明の蕁麻疹について

私は寒いのが苦手で毎年冬は苦手なのですが、今回の冬は特に皮膚の調子が悪くなってしまいました。

私はアーユルヴェーダでいうところの、ヴァータ(風)の要素が強く、寒くて乾燥している時期や場所は苦手なのです。

気をつけていないと、皮膚はすぐにカサカサになってしまいますし、気分も塞ぎがちになってしまいます。

原因不明の蕁麻疹

今回の冬は、毎日出る蕁麻疹に悩まされました。

10月の宮古島を最後に、海に入ることがなくなってから蕁麻疹が出始めました。

 

11月頃から3月あたりまで。ほぼ毎日です。

出る場所は決まっていて、首の後ろ、背中、腕、でした。

日中も痒いのですが、蕁麻疹は夜家に帰ってきてから出ることが多かったです。

 

病院にも1度行ってみましたが、毎日出る蕁麻疹の原因特定は難しいそうです。

ステロイドを使うのが嫌だったので、自分で色々と調べてみました。

 

ステロイドではないかゆみ止め

とりあえずは、かゆみが強く我慢できないほどだったので、アイハーブでかゆみ止めを買いました。

メンソールが入っているので、すーっとしますし、アーモンドオイルとシアバターがうるおいを与えてくれて、

このクリームには本当に助けられました。

全身に塗れるボディミルクも合わせて購入。

 

掻けば掻くほど皮膚はアトピーのようになっていき、一番ひどかった首の後ろは象の皮膚のようになっていきました。

スポンサーリンク

考えられる原因

1.食べ物

2.空気 (放射能や化学物質)

3.水 (塩素)

4.ストレス

 

手当たり次第原因に対してのアプローチをしてみました。

1.食べ物

まず、食べ物はとても心当たりがありました。

私はパスタやうどんなどの麺類が好きで、簡単ですしすぐに作れるのでよく食べていました。

現代の小麦のグルテンは人間が消化しにくくなっていて、リーキガットという腸に穴が開く原因の一つに挙げられています。

 

手始めにグルテンフリー生活を1週間してみました。

グルテンフリー生活の助けになる美味しい麺を見つけました!(食べたい時はあるもんね笑)

1週間ではまったく変化がわからなかったのでこグルテンフリーは継続にし、1か月ほど続けましたが劇的変化はナシ。

何十年と食べてきたものと1か月辞めたところで・・・ですよね。

このような変化は時間かかりそうです。

 

あとは、足りない栄養素などを調べました。

必要な栄養素

すると、アトピーには亜鉛とビタミンDが大切と知り、両方足りてないなぁと思ったので、

アイハーブで亜鉛ビタミンDサプリメントを購入。

ついでにビオチンも買いました。

これらを飲み始めたら、なんと!1週間もたたない間に蕁麻疹の症状がかなり良くなりました。

痒みが減り、肌も少ししっとりしてきて、なんだったんだ今までの苦しみは!!!

って感じでした。笑

結果的にかなり蕁麻疹が良くなり、一番効果を感じました。

飲み始めて1か月で蕁麻疹は出なくなり、皮膚の状態もほぼ元通りになりました。

すごい!!!!

 

亜鉛はお肌に必要な栄養素と知っていたけれど、ビタミンDは意外でした。

ビタミンDは太陽にあたることで作られるビタミンなのですが、私の場合冬は寒いからほとんど外出しません(笑)

(でもお家が大好き♡)

それもあってか、気分がふさぎがちになったりもしていました。

ビタミンDはセロトニンを調節するので、鬱などの精神的な症状にも効果があるそうです。

日照時間の短い国では、精神的な病が多いそうですがビタミンD不足なのかもしれません。

免疫力向上やアレルギー症状を改善する効果もあります。

ビタミンDを摂って、太陽に当たることでビタミンが活性化するのでビタミンDを摂りつつ毎日30分ほどは

太陽に当たるようにしたいですね。

 

 

次にいくまでもなく、かなり解決されてしまったのですが。笑

一応他に何をしたか、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

2.空気

福島の原発事故の影響はまだあると私は考えていて、東京も例外ではないです。

知らず知らずに影響を受けていると思います。

重曹や海の塩が放射能除去にとてもいいそうなので、私はお風呂に浸かる時は重層と海の塩を入れて、

頭まで潜って息を止める練習をしています(笑)スキンダイビングの練習です!笑

これは私の体質だけかもしれませんが、このお風呂に入っていると心が安らいでリラックスしますし、

いらないものがスッキリと出ていく感じがとても心地よいです。

温まると痒みが出ることが多いと思いますが、私は寒い時期がダメなので重層塩風呂にはほぼ毎入っていました。

湯船に浸かっている時は痒みはあまり出ませんでしたが、シャワーしている時がピリピリと痒かったです。

 

 

3.水

スポーツジムに通い始めてプールに入っていたのですが、プールに入るようになってから皮膚の調子が悪くなり始めたので、

プールの塩素を疑いました。

プールの水がすごく濁っている時も多くて、子供のスイミングスクールもしているジムなので利用者も多く、

すぐ先が見えない位水が濁っていることも多かったのでした・・・。

まずプールは行くのをやめて、お風呂のシャワーに浄水器を取り付けました。

これは結構良くて、いつもシャワーを浴びるとチクチクしていましたが、それがなくなりました。

飲み水は浄水器のお水で、たまに瓶の炭酸水を飲みますが、ペットボトルに入った飲み物は飲みません。

 

 

4.ストレス

この蕁麻疹のお蔭で色々と調べました。

すると、興味深いことがわかりました。

脳は長年の習慣的思考から決まった化学物質を出すそうです。

怒りっぽい人は、怒るような化学物質を自ら出しているということのようです。

それは自動操縦になっており、むしろその慣れ親しんだ化学物質が出されるのを心待ちにしていて、

一種の中毒症状になっているのだとか。

なので、脳を変えるにはしっかりと自分に向き合う事と、瞑想が大事です。

やり方は あなたという習慣を断つ という本に書いてあります。

(この本はKindle読み放題で読めるのですごくおすすめ!)

私はこれを試してみました。

 

もう1つは、腸です。

腸にはたくさんの微生物が生きていますが、この微生物たちは意思があるらしいのです!

ジャンクフードを欲しているのは、あなたではなく、あなたの腸の微生物だというのです!

腸の微生物をポジティブな微生物に入れ替えることができたら、あなたもポジティブでいられるということ。

ワンスピリットメディスンという本に詳しく書いてあります。

(こちらもkindleで読み放題!なんてことだ!笑)

シャーマンの教えなどが出てくるので怪しさを感じるかもしれませんが(笑)

私的にはかなりピンときたのでこちらも試すことにしました。

 

ストレスを受けにくい体に変化させる為、脳と腸を変えることを試みました。

こちらの実践の方はまたブログに書きます!

 

アトピーのようになり毎日毎日蕁麻疹が出て痒みに苦しめられていたこの冬。(4か月ほど)

それが、亜鉛とビタミンDの摂取で治っていきました。

あとはお水(塩素)に気を付けて、保湿をすること。

 

やっぱり人間は自然と共存していく道をしっかりと考えなければいけませんね。

太陽のビタミンパワーには驚きました。

 

 

ではまた!

 

With love!

Aki

スポンサーリンク

関連記事

  1. ネトルで花粉症が治った!頼りになる天然の抗ヒスタミン剤のすごい効果

  2. iherbでおすすめのよく買うもの!食品・サプリ編

  3. iherbでおすすめのよく買うもの美容編

  4. iherbアイハーブおすすめ安全成分日焼け止め編 

  5. 喉のケアに欠かせないおすすめグッズ

  6. iherb(アイハーブ)でよく買うもの、おすすめ商品紹介(食べ物編)

  7. 良質な油は美容に効果大!!オメガ3たっぷりのフラックスシードオイル(亜…

  8. シリカ(ケイ素)のすごい効果(語りきれなかった!)