わたし、わたしたち、がやらなければならないこと

人種差別への抗議と黒人コミュニティーへの連帯を示すためのキャンペーン

Blackout Tuesday

が行われていますね。

 

賛同者がSNSの画面が黒く塗り潰し、愛と調和を願っています。

 

遠い国での出来事

そう思いますか?

いいえ、

新しい時代へ向かっている今、

わたしが強く感じていることがあるので、シェアします。

 

 

まず、

みんな違うから素晴らしいんだ。

ということ。

 

 

その、1人(あなた)を、あなた以外に誰も生きることができない。

 

尊い1つの視点なんだ。

 

わたしたちが、全てひとつだった時、全ての視点があり、ひとつだった。

 

全て、 わたし、 の為、

体験することができなかった。

 

 

わたし、は、分離し、それぞれの体験を望んだ。

 

それぞれが、それぞれの経験をし、魂の成長をするため。

 

わたし、は分離してから3次元の世界に波動を落とし生活してきた。

 

 

人間は人間としての歴史がある。

 

初めは、3次元の世界がわからず試行錯誤を繰り返した。

 

人間は、ひとつだったわたし、が経験したかった闇に傾いてしまったのかもしれない。

 

闇も素晴らしい体験だから。

 

光である、わたし、にとって、味わったことのない体験だったから。

 

 

でも、そろそろ傾いてしまったもののバランスをとる時がきた。

 

今、時代が変わろうとしている。

 

新しい時代を生きなければならない。

 

新しいやり方を試さなければならない。

 

 

わたしたち、は、もうそれができる。

 

暴力では解決しない

 

いじめ、暴動、差別、戦争、

これらは古いプログラミング。

 

 

肌の色が違うから?

 

障害があるから?

 

原爆を落とされたから?

 

 

いじめられた痛み

 

殺された憎しみ

 

失った悲しみ

 

行き場のない怒り

 

これらは、先祖代々受け継いできたプログラミング。

 

 

つい反応してしまう、当たり前のもの、価値観。

 

DNAで受け継がれてきた、人間の歴史。

 

 

過去のわたしたちの

 

怒り

 

苦しみ

 

悲しみ

 

憎しみ

 

なんだ。

 

 

同じやり方はもう通用しないこと、わかったよね。

 

わたしたち、

 

は、神に願い、

 

救世主を求め、

 

何度も怒りをぶつけ、

 

悲しみ、

 

憎しみ、

 

嘆き、

 

涙を流してきた。

 

 

これらを解決するのは、

 

 

調和

 

 

しかない。

 

 

 

“戦争反対運動には行かない。

平和運動には参加する。”

 

マザーテレサが言ったように、

 

望む方向にエネルギーを注ぐやり方に変えなければならない。

 

望む方へ声をあげなければならない。

 

 

もう、見て見ぬ振りはできない。

 

わたし、はどうしたい?

なにを望む?

 

 

今、わたし、わたしたち、がしてきた過去の出来事の責任を取らなければならない。

 

今、を生きている、わたしたち、が。

 

 

わたしたち、には、その力がある。

 

 

 

 

ハレプアキ

関連記事

  1. 食べ物と感情の関係性(意外と知られていない!)

  2. アロマの香りで集中力アップ!!朝の一杯のコーヒーを入れる至福の時間

  3. 2018年はなりたい自分になれる!行動の年!

  4. 望む人生を送るたった1つの方法(意識を向ける方向の大切さ)

  5. 空海に導かれ高野山へ。悟りとは・・・

  6. vegan(ヴィーガン)完全菜食主義について

  7. モアナと伝説の海は、自分の心に従う大切さ、本当の自分を思い出せる素敵な…

  8. 宇宙の元旦☆春分の日に思う事