【おすすめ】美容オイル(フェイスオイル)の作り方!

今年はかなり早くからマスクをしていたこともあってか、花粉による顔の肌荒れが少なかったです。

前回の記事のビタミンDなどのサプリメントのおかげかもしれませんが・・・!

 

私のスキンケアは基本とてもシンプルです。

基本的に朝は顔は洗いません!笑

ウィッチヘーゼルローズウォーターをなじませて手作り美容オイルを塗って終わりです。

 

夜はホホバオイルでマッサージしてから、濡らしたコットンでふき取り石鹸で洗います。

そして、ホホバオイルを1滴馴染ませてからローズウォーターをパシャパシャして、

オリジナルオイルを塗って終わり!笑

基本的にはこんな感じです。

スポンサーリンク

 

オリジナル美容オイルは30ml入るスポイトボトルに調合して、大体1か月くらいで使い切り次のを作っています。

ここのところ気に入って作っているオイルは、どんなオイルを調合して作っているのかを紹介しますね!

美容オイルの作り方

材料

ホホバオイル

シ―バックソーンオイル

ラズベリーシードオイル

キャロットシードオイル

ラベンダー精油

フランキンセンス精油

カモミールジャーマン精油

 

これらのオイルたちをその時の肌の感じを見て配合を変えて作っています。

 

この他にも、

ココナッツオイル

ココナッツオイルは日焼け止め効果、肌馴染みがよく、抗酸化作用、免疫アップによくて、

お風呂上がりの濡れた肌にココナッツオイルを馴染ませるとベタベタしないし保湿されてとてもいい感じです!

 

オリーブオイル

保湿力、酸化しにくい、抗酸化

私には単品で使うには少し重いので、マッサージオイルとして使ったりパックしたりするのに使っています。

 

キャスターオイル(ひまし油)

キャスターオイル(ひまし油)は個性の強いオイルです。ガーゼなどに含ませて湿布に使ったりもしますし(肝臓のデトックス)、外傷やアザなどにも効果があり治りやすいです。私はひまし油でイボのようなものも取れました!

かなり重たい粘度のあるオイルなのでポイント使いしたり、ブレンドして使っています。

 

タマヌオイル

タマヌオイルは傷痕を治してくれたり、湿疹など皮膚疾患にもよく、シワや妊娠線なども改善する効果があります。

ただ、においが、くさいです。笑

顔に塗るとずっとタマヌオイルのにおいがしてます。笑

なのでポイント使いか、ブレンドに使っています。

 

アルガンオイル

ルガンオイルはビタミンEが多く抗酸化作用があり、酸化しにくいです。

アンエイジングも期待でき、保湿力も高いです。さらっとしていて使いやすいです。

スポンサーリンク

 

美容オイルと精油の効果

 

ホホバオイル

ホホバオイルはとても酸化しにくく劣化しにくいオイルなので、安心して使えます。

肌に似た成分なので、馴染やすくとても使いやすいです。

保湿力もあり、肌に弾力を与えてくれます。

 

シーバックソンオイル

シーバックソンオイルは美容効果が高くて、老化を遅らせたり、紫外線から守ってくれたり、

保湿力もありますし、皮膚の再生も促してくれるので傷痕が気になるところなどにもよいので、

ブレンドオイルを作るときは入れときたいオイルです!

 

ラズベリーシードオイル

ラズベリーシードオイルのいいところは、なんといっても日焼け止め効果です。

SPF値が最大50もあります。

市販の日焼け止めみたいに全く焼けないわけではないですが、日常的な紫外線くらいだったら守ってくれる印象です。

抗酸化作用もありますので、お肌のケアをしながらお肌を守ってくれる頼もしいオイルです。

 

キャロットシードオイル

キャロットシードオイルも日焼け止め効果があります。SPF値最大40くらいです。

アンエイジング、抗酸化作用が高く、皮膚を修復させる効果があります。

 

ラベンダー精油

ラベンダー精油は少量ならそのまま肌に塗れる希少な精油ですね。

火傷した時にラベンダー精油を塗っておくとひどくならなく、治りも早いです。

沈静効果もあります。

なにより、私は香りが好きなので手作りものにはよく使っています。

 

フランキンセンス精油

フランキンセンス精油は、肌の再生を促進してシワやたるみなどを改善してくれる、

若返りの精油と言われているくらいアンエイジングにいい精油ですので、使わない理由がないです。笑

香りもリラックスでき、心を落ち着かせてくれるので大好きです。

 

カモミールジャーマン精油

カモミールジャーマン精油は、濃いブルーの綺麗な精油で、抗アレルギー、抗ヒスタミン効果があり、

皮膚の修復もしてくれるので、花粉症などで肌があれてしまったり、調子の悪い時にピッタリです。

私の場合、1月くらいから5月くらいまでに使うブレンドオイルには必ず入れています。

 

ローズ精油

ローズ精油も美容にピッタリです。

肌の炎症を抑えたり、老化防止、保湿効果もあります。

なにより、香りがよく幸せな気持ちになれますよね!

ローズ精油は高価なので、ブレンドオイルを作る時は、すでにオイルで希釈されているこちらのものを使っています。

 

原料であるオイルや精油さえあれば、自分好みのものが作れてしまうのが手作りの醍醐味ですね!

みなさまもぜひ、ご自身でオリジナル美容オイルを作ってみてくださいね(^^)

 

With love!

Aki

スポンサーリンク

関連記事

  1. ファスティング!準備食、回復食に気を付けてやってみよう!

  2. 良質な油は美容に効果大!!オメガ3たっぷりのフラックスシードオイル(亜…

  3. レモングラスティ―(カルディで買える)の効能と青いゼリーレシピ

  4. オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー(L’OFFICINE UNIV…

  5. 夏バテ予防!おすすめのロゼラティ―(ハイビスカスティ―)

  6. iherbでおすすめのよく買うもの!食品・サプリ編

  7. アイハーブで買えるおすすめのローズウォーター!

  8. 【チョコの幸せホルモン】ローカカオで簡単にできるチョコムースレシピ!