Mar 16, 2017

モアナと伝説の海は、自分の心に従う大切さ、本当の自分を思い出せる素敵な映画☆

こんにちは、akiです!!

 

なんとなくモアナが見たくなり、

六本木に行って来ました!

 

おすすめの六本木TOHO CINEMAS

 

私、六本木のTOHO CINEMASが好きなんですよね~(*^-^*)

 

しかも水曜日でレディースデイでした!

 

でも、席を見たらあんまりピンとくる席がなくて・・・

 

 

スポンサーリンク

 

で、人生初、プレミアボックスシートにしてみた♡

レディースデイだと2100円で座れる!!!!

 

 

結果、

 

すっごいよかった!!!!

 

 

なんか飛行機でいうビジネスクラスのような(*^-^*)

隣と完全に区切られてるし、荷物置きもあるし、

椅子もソファみたいで座り心地よかった!

 

 

次回から映画見る時は、この戦法でいこう!笑

 

めちゃくちゃ快適でした。

 

本当おすすめ!

 

 

 

しかも今回私、終始泣いておりました。。。

 

こんなにずっと泣いてた映画は初めてかも・・・。

 

だから、プレミアボックスシートでよかった!笑

心おきなく泣けました。

 

 

飛行機で見なくて本当によかった!笑

 

 

なんかね、

モアナが始まる前に、

ショートアニメみたいのをやっていたのだけど、

それですでに大泣き!!笑

 

 

モアナの前のショートアニメがよかった!!!

 

思考と心がテーマのアニメで、

思考が自分を守ろうと色々体などに指示をだすのね。

 

朝起きて、通勤中美味しそうなパンケーキを見かけた心は食べたくて仕方ない!

でも思考が色々計算すると、会社に間に合わない。

だから無理やり会社に向かわせる。

 

また途中で心はビーチに行きたくなる!

でも思考が海に入ってサメに襲われたら死んでしまうし、

寄ってると会社に間に合わない。

だから心を叱りつけて会社に向かわせる。

 

そんなことの繰り返しの毎日・・・

心は悲しくてつまらなくて・・・

死んだような日々・・・

 

 

ある時、本体の人間は気づく。

 

我慢してたことに。

やりたくないことしてたことに。

 

心に従ってみよう!

 

 

思考も心がシュンと悲しんでることに気づき、

操縦を心に差し出す。

 

 

そしたら、なんと生き生きとした時間が戻ったか!

 

 

食べたい時に食べたいものを食べれて嬉しい!!

 

海で遊んで波にのまれて楽しい!!

 

 

 

思考も人間を危険な目に合わせない為に、

自分を守るために色々と考えて指令を出しているんだね。

 

会社に遅刻したら怒られる。

笑われたら恥ずかしい。

海は危険。

 

全部自分を守る為だったんだ。

 

 

でもその思考も、社会や誰かの常識が基準になってしまっている場合が多い。

 

 

 

心は自分が楽しいことを知っている。

 

心は自分が幸せを感じるものを知っている。

 

心は自分が喜ぶことを知っている。

 

 

心が動いたことをどうしたら叶えてあげられるか?

を考え、指令を出すのが、本来の思考の仕事。

 

 

そんなストーリーのショートアニメでさ、

もう号泣!!!!笑

 

ディズニー流石です!

わかってらっしゃる!

 

 

 

私、これを見に来たんだわ!

と思ったわ。笑

 

で、前置きがかなり長くなっちゃったけど、

モアナの感想行きますね!

 

以下若干ネタバレ含みます。

 

スポンサーリンク

 

モアナと伝説の海を見て感じた事

 

出典 http://www.disney.co.jp/movie/moana/gallery.html

 

 

 

まず、私海が大好きなので、映像の綺麗さに感動♡

 

 

そしてこの映画もショートアニメと同様のテーマな気がした。

 

モアナはモトゥヌイという島の村長の娘で海の向こうに憧れを持ってる。

サンゴ礁の外の外洋に出てみたい!

このちっちゃいモアナが最高にかわいい♡

出典 http://www.disney.co.jp/movie/moana.html

 

 

でも、外洋は危険だからと父に止められる。

 

一度チャレンジしてみるけど、

海の恐ろしさを知った。

 

それでこの村で生きていこうとするんだけど、

私がやらなきゃ!みたいな状況になってまたチャレンジするの。

 

 

 

私自身に置き換えてみると・・・

 

こうしてみたいなぁ

 

と思っているけど、

周りに

 

うまくいかないよ

やめときな

あぶないよ

 

と止められる。

 

それでやめてしまうものもある。

やらずに諦めてしまうこともある。

 

でも、人に言われてもチャレンジするものもある。

 

でも、そこで一度失敗すると、

あぁ、やっぱり私にはできないんだ。

無理だったんだ。

みんなの言う通りだった、

そう思って諦めてしまう。

 

勿体ないな・・・。

 

 

モアナが外洋に出るのを止めていた父も昔、外洋に憧れ、

海にでたけど親友を失ってしまった。

 

自分が失敗したこと、怖かったこと、

危険と感じた事、やっぱり娘にはさせたくないよね。

守りたいから。

 

 

でも、モアナは海に選ばれていたし、

モアナの心も知っていた。

 

 

私の父は船舶免許を持っていて、

小さい頃ヨットによく乗せてもらったのを思い出した。

私もそういうことが好きだ。

 

ロープの結び方や、

星で方角を知ったり、

ジャングルでの水の確保の仕方とかね。笑

 

知らないことを学ぶのって面白いし、

自然と共に生きる術を知っているって素敵。

 

 

色んな事を学びながらモアナは進んでいくんだけど、

 

もうできない、無理!って思った時に

海に

 

「私にはできない、違う人を選びなおして」

 

って言うんだけど・・・

 

 

すごい泣けた。。。。

 

 

私は海から選ばれてないけど、笑

 

私の心に従って色んな事にチャレンジする時、

一発で上手くいくことは少ないと思う。

 

そこを何度も何度もチャレンジするものなんだけど、

途中で、あぁ私には無理なのかもしれない。

なんでこんな事やろうと思っちゃったんだろう・・・

これは私の役目じゃないかもしれない。

他の人のほうがいいかもしれない。

私にはできない。

 

って思うことがあったから。

すごく共感してしまった。

 

 

でも、自分の魂の叫び、心の想い、

自分の役目、

を知った時、力強く

 

「私はモトゥヌイのモアナ!」

 

って言うんだけど、また号泣。笑

 

 

なんか、自分というものが何者なのか?

心の底から理解し、もう迷いはない!っていう決意が

見えて感動した。

 

 

私は小さな頃から、

なんの為に生まれてきたんだろう?

と自問自答してるような子供だったから。笑

 

私はだれ?

私はなんの為に生まれてきたの?

 

 

それが心の底から理解できた時、

物凄い力を発揮するのでは?と思っていたから。

 

その為には、

心に従い、諦めず、自分を信じて進み続けるしかないのだ。

 

 

出典 http://www.disney.co.jp/movie/moana.html

 

 

物語に出てくる半神半人のマウイは明るくていいキャラなんだけど、

神からもらった釣り針が自分自身であり、

釣り針がないとマウイでない。と思っていて。

愛されなかった記憶から、愛される為の行動を今までしているんだけど、

その度に本当の自分を見失ってしまう。

 

自分自身だと思い込んでる釣り針を手放すことになるかもしれない

状況が怖くて逃げだしてしまう。

 

 

もうっ!すっごくわかるわー!笑

 

 

例えば、

私は長年、美容師をやってきた。

いい人で、優しくて、人に嫌な思いさせないように、

気を使って、空気読んで言いたい事遠慮して、

まじめで、しっかりして、体調悪くても仕事行って・・・

 

これらが私の釣り針だったの。

 

美容師やめて、わがままで、自分の気分を優先させて、

言いたい事言って、不真面目で、どうしようもなくて、

体調悪いと仕事に行かない。

 

釣り針無くなったら、みんな私に気づかないかもしれない。

嫌われるかもしれない。

すごく恐い。

 

 

結局マウイはちゃんと戻ってきたけどね!

 

 

テ・フィティという女神の心を奪ってしまい、

世界が闇に包まれてしまう・・・

という設定や、

テ・カァという怒り狂った炎の悪魔が実は

テ・フィティだった。

とかも、やっぱりさ、心奪われると怒るよね!

世界闇に包まれちゃうよね!

 

という感じで、

 

 

自分の可能性を信じて、

心の声に従って前に進んで行こう!

 

そんなメッセージを感じた素敵な映画でした!

 

共感できる部分が多かったのと、

海が好きなのと、

ハワイが好きなのも重なって、

大好きな映画になった(*^-^*)

 

また見に行くかも!!!

 

ぜひ、プレミアボックスシートで見てみて下さい♡笑

 

 

 

LOVE

 

 

aki

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

関連記事

Comment





Comment