Feb 14, 2018

Bali バリ島旅行 女一人旅 準備編

こんばんは!あきです!

1月にバリ島に行ってきました!

今回は行きたい宿が決まっていたので、

いいプランがないか色んなサイトで探していました。

 

スポンサーリンク

 

 

まずホテルを予約

 

宿はagoda

で取りました。

初めて利用したのですが、

どのサイトよりも安かったので利用してみました。

agodaには、予約だけその日にしておいて、

出発の3日前位まで決済されないしキャンセル料がかからない、

という数千円高い設定のプランがあるので、

アグン山噴火のこともあったのでそのプランで予約していました。

出発前夜、珍しく母が

「どこのサイトで予約しているの?」

と聞いてきたので、

「agodaだよ」

と言うと、

「agodaでバリ島のホテルを予約した人が予約取れてなくて大変だった、

というトラブルがあったってニュースでやってたよ」

と言ってきて・・・笑

マジか・・・

確認してみるか!

とサイトから確認してみると、

私が予約していた料金より5千円ほど高く決済されている・・・!!!!

なんで???

規約を読んでみると、

予約時の為替と決済時の為替に変化があった場合、料金は変わります。と。

書いてありました。

なので、私はレートを調べてみました。

ら、

予約時と決済時の為替に変化はありませんでした。

どのサイトを見てもレートに変化はありません。

おかしいな、なんか気持ち悪い。

それで調べてみると出てくる出てくる、

agodaの闇が!!!笑

私と同じように決済時に1万円とか上乗せされた人もいてブログに綴られてました。

電話で文句言ったら1万円返ってきたって!笑

私もすごいモヤモヤしちゃったから電話してみた。

そしてオペレーターのお姉さんに、

私なりに調べまして、

どのようなレートを使ったらこの金額になるのか?

どこのレートを使っているのか?

聞いてみました。

すると、

agodaは独自のレートを使っているとのこと・・・

でも独自って、それって、

公表されてなかったら、いくらでも上乗せできますよね?!

実際私が調べられる為替レートがのってるサイト何個か調べたけど、

agodaの言ってるレートは出てこない。

予約時と決済時ではレート動いてないんだもん!

動いてたらわかるけど・・・!

そのようなことを伝えると、

社内で協議致します、と一旦切られ、

すぐ折り返しかかってきました。

上の者と協議させていただきましたところ、

今回はあまりにも為替レートで差額が出てしまいましたようで、

申しわけありません。ですので今回は予約時の料金で決済し直しをさせていただます、

よろしいでしょうか?

とアッサリ値下げしてくれました。笑

他のサイトにも載っていましたが、

ゴネてくる人には返金!

なんも言ってこない人からは上乗せで!

という感じのようです。笑

結果、ホテルも予約取れていたし、

予約時の料金で大丈夫だったのでよかったのですが、

agodaを今後使う場合は予約時に決済した方がトラブルが少なそうですね!

なんだか出発前夜に気持ちが焦りましたわ。笑

スポンサーリンク

チャンギ空港乗り換え

羽田発のチャンギ空港(チャンギシンガポール)でトランジットからの、

デンパサール着の便で行きました。

羽田から行きたかったし、

宿まで空港から2時間ほどかかるし、

すごく田舎に行くので夜遅すぎると怖いかなと思い、

乗り換え便だけど、1時間のトランジットなので、

この便にしたのです。

でも不安なのが、チャンギでの1時間乗り換え!

ネットでリサーチしても、

チャンギは広いし乗り換え1時間は大変!

1時間あれば余裕!

どっち??笑

という感じで・・・

私はシンガポール航空で行って、

シンガポール航空に乗り換え。

荷物はピックアップしないでいいので、

私が移動すればいいだけ!

結果、楽勝でした!

ターミナル間を繋ぐモノレールみたいのがあるので、

To  Tarminal2 とか書いてあるんで、

それにのればターミナルの移動はできるし、

案内掲示板みたいのに自分の航空券のバーコードをかざすと、ゲート番号がぴろりんって出ます。

それを確認したら完璧です。

とても親切でいい空港でした!

1時間乗り換え余裕です!

ロサンゼルスの乗り換えがわかりづらくて最悪だったことがあるので

チャンギは大丈夫でした。

続く

スポンサーリンク

関連記事

Comment





Comment