Mar 29, 2018

高野山の宿坊で唯一温泉のある福智院に泊まる!

こんにちは、akiです!

 

高野山観光もバッチリ終えて、

今回の宿、福智院へ向かいます。

 

なんと宿坊は楽天で予約できます。笑

意外じゃないですか?

ちょっとビックリしました。笑




 

スポンサーリンク

 

数ある宿坊の中で福智院を選んだのは、

温泉があるから♡笑

 

3月終わりでしたが高野山の気温を調べると、

0度とかマイナスになっていたので、

温泉で温まれたら最高だなと思いそうしました!

 

福智院

 

チェックインは15時から。

チェックイン前でも荷物を快く預かって下さいました!

 

夕食の時間は17時から18時半の間で、

チェックイン時に決めました。

 

旅館のような綺麗なお部屋でした!

 

私達は、奥の院ナイトツアーに申し込んでいたので、

恵光院に19時集合でしたので、

夕食は17時半から頂きました。

 

温泉は内風呂と露天風呂、サウナがありましたが、

露天風呂とサウナは夜9時で閉まってしまうとのことでしたので、

夕食までの間に露天風呂に入っておきました!

内風呂はいつでも入れます!

こじんまりとしていましたが、とても気持ちがよく、

温まれました!

 

そして楽しみにしていた夕食!

夕食は部屋食でお部屋に運んでくれます。

少ないかもと心配していましたが、割とボリュームあります!

基本の料理プランです。

 

 

黒ごま豆腐美味しかった~♡

 

 

 

豆乳鍋も♡

 

沢山のおかずがあってご飯も炊き立てでとても美味しく、

大満足の精進料理でした!

 

スポンサーリンク

 

奥の院ナイトツアー

夕食を頂いて、奥の院ナイトツアーの為、

恵光院へ。

歩いても15分位ですかね。

 

恵光院で名前を言って受付を済ませたら、

お坊さんが寒いようでしたら上着貸出できますよ!

とダウンを貸してくれました!

これがとても暖かく、快適にツアーに参加できまして、

とてもありがたかったです。

 

日本語ツアーと英語のツアーがあって、

英語のツアーの方が人数が多いという!笑

外国人が沢山いました!

 

 

恵光院から奥の院ナイトツアー出発です。

 

見どころでたまに立ち止まって、お坊さんが色々説明してくださいます。

 

夜なので暗いのですが、三日月と星がとっても綺麗でした!

 

昼とはまた違った様子の奥の院。

お墓を通るので、肝試しか!!って感じなんですけど、

不思議と不気味な感じもなく、

楽しく参加できました!

 

夜は灯篭が灯っていて、神秘的で美しかったです。

御廟ではお坊さんと一緒にお経を読んだりして、

いい時間でした(*^-^*)

 

 

福智院は門限が9時なので、

帰りは送り付きのプランでお願いしていたので、

バスで福智院まで送ってもらいました。

 

奥の院ナイトツアー楽しかったです!

 

恵光院は数ある宿坊の中で、毎朝護摩焚きをしている宿坊なので、

次回は恵光院に泊まって護摩焚きを見てみたいな、と思いました。

 

福智院に帰ってきて冷えた体をお風呂で温めて、就寝。。。

 

朝の勤行

朝は6時から朝のお勤めがあるとのことで、

参加してきました。

 

そこで知ったのが、福智院の御本尊は愛染明王でした!

 

なんとなく惹かれて行った金剛三昧院と同じ。

このお守り腕輪の愛染明王です。

 

なんだかご縁を感じました!

 

朝のお勤めの後はお庭を見せていただけます。

この時しかここからのお庭は見れません。

 

 

 

 

 

清々しい気持ちでお部屋に帰ると朝ご飯です!

 

朝のお勤めの間、私たちは楽な格好でいいですし、

上着も着ていていいのですが、

お坊さん達は当り前ですが薄着!!

3月末といえども高野山の朝晩は本当に寒くて絶対氷点下だったと

思うのですが、さすがお坊さん、すごいですね!!

 

はい、朝ご飯もすごく美味しかった!

私は夕食も朝食もご飯2杯食べました(^^)v

 

美味しくご飯を頂いて、お風呂にもう一度入って、

チェックアウトしました!(9時です)

 

 

 

 

 

 

 

 

精進料理も美味しかったですし、温泉も良かったですし、

みなさん親切にして下さって、

快適に過ごすことができました。

 

旅館と変わらないです。

むしろその辺の旅館より快適でした!笑

 

始めての高野山、宿坊に宿泊。

とっても楽しくて大満足でした。

 

今度は写経もしたいし、瞑想や、護摩行も見てみたいです!

 

みなさんも1度行ってみてはいかがでしょうか♡

 

 

 

 

 

LOVE

 

aki

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

Comment





Comment