May 9, 2018

望む人生を送るたった1つの方法(意識を向ける方向の大切さ)

こんにちは、akiです!

 

今日は望む人生を送りたいあなたに!

たった1つの秘訣をお伝えします(*^-^*)

スポンサーリンク

 

 

自分が自分の人生を創っている!

見えている世界、生きている現実世界、

これは同じところにいて同じ物を見ているようで、

一人一人違う世界を見て、違う世界で生きているんですね。

 

同じ出来事があっても、人の数だけ捉え方があるし、

人の数だけ現実がある。

 

 

私は結構昔から、引き寄せるのがうまかったんです。

オタク気質な所があるから、そのことをずっと考えていられる!笑

 

考えているということは、エネルギーを与えている、ということなので、

それが現実化します。

 

という本当にシンプルな仕組み。

 

 

 

わかりやすい話をしますね!

 

私は10代の時、大好きな彼がいました。

でも彼はとてもモテていたし、周りに女の子がたくさんいたので、

私は不安でいっぱいでした。

浮気されるんじゃないかって。笑

 

連絡がないと女の子といるんじゃないかって、

すぐに考え出して、そのことばっかり考えて不安になっていました。

 

そして、浮気をしている証拠を現実の中に必死になって探し始めたんです。笑

 

そうすると、共通の友達から、聞いてもいないのに

彼が女の子と歩いていたと報告を受けたり(笑)

 

一緒にいる時にも彼は携帯電話を頻繁に気にし始めたりしだして・・・

 

そしたら、私の心配していたように無事それが現実となりまして(笑)

私は「やっぱり!私の思ったとおりだった!泣」

と思ったのでした・・・笑

 

 

そのことばっかり考えて → 女の子といるんじゃないか

そうなった時の感情を感じて → 不安 嫌な気持ち

行動する → 彼に訴えかけたりする

 

 

このことにより、見事現実化成功です!笑

特にこの不安な感情を常に感じ続けたことは効果抜群です!

 

これは望まないことに焦点を当て続けた結果ですよね?

 

 

ということは

 

この逆をすればいいんです。

スポンサーリンク

 

 

望むものに焦点を合わす!

エネルギー注ぐ!

 

 

さっきの話でいうと、

 

 

そのことばっかり考えて →彼と幸せなパートナシップを築いている

そうなった時の感情を感じて → 毎日が幸せで楽しい

行動する → 大好きなカラオケに行こう!

 

全然違いますね!

 

感情は私たちが何を考えているのかわかるバロメーター。

 

嫌な気持ちがしたら望まないことを考え、エネルギーを向けてる証拠。

 

嫌な事を考え始めたら、

あ~、私ってそんな風に思ってるんだなぁと認めて、

 

でも、本当はどうしたいの?

何が望みなの?

と自分に聞いて、

望む考えに意識を向けないといけないのです。

 

 

 

望む人生を送るたった1つの秘訣は

 

”望むことを考え集中すること。”

 

 

めっちゃシンプルで簡単、笑。

 

望むことを考え

望む言葉を発して

どんな自分もこのままで大丈夫と認め

好きな事、楽しいこと、に目を向けること

さえ注意を払っていれば、

望む人生を創っていけるんですね。

 

 

人は望まないことに集中し、

望まないことを語りがちです。

 

今日は最悪だった

あの人はあーでこーで嫌だ

給料が悪くて嫌だ

今日も残業で最悪・・・

 

毎日無意識にこのようなこと心の中で、

もしくは言葉に出して言っていませんか?

 

その通りの人生を、今、この瞬間に、

創りだしているんです。

望まない現実を。

 

これは意識していても無意識でも

現実は常に創られています。

休むことはありません。

 

望む人生を送っている人は、

望むことを語ります。

望むことは好きな事なので話していて楽しいです。

 

望むことを引き寄せます。

 

 

今まで生きてきた中で、

この思考の向ける方向はクセみたいなものなので、

自分で気づいて変えることができます。

 

何度も何度も毎日練習です。

 

いつだってどこでだって始められます。

 

みんなで騙されたと思って(笑)やってみましょう!

(あ、騙された!と思ってもクレームは受け付けません。笑)

 

頭の中を変えるだけです(^^)v

 

今日もあなたの1日がとってもラッキーで、

幸せで楽しいことがいっぱいありますように♡

 

 

LOVE

 

aki

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

Comment





Comment