Apr 20, 2018

意外と知られていない食べ物と感情の関係性

こんにちは、akiです!

 

みなさんは食べることが好きですか?

 

私は好きです♡

 

食べたくなるものは、どうして食べたくなるのか?気にしたことは

ありますか?

スポンサーリンク

 

食べ物と感情の関係

 

食べ物ってエネルギーなので、実は感情と深く結びついているんです。

 

人間が生まれた時、お母さんのお腹から出て来て、

へその緒を切られますね?

 

それまでお母さんと繋がっていて栄養も与えてもらえて、

快適な場所にいたのに、人生で初めて分離を経験するんです。

 

栄養が必要な時は泣いて伝達するとミルクをもらえます。

そこで母の愛を感じるわけです。安心感。

その時の記憶が脳の中に残っていて、記憶と食べ物が結びつきます。

なので、愛と食べものはとても結びつきやすいのです。

 

勿論、体が栄養を欲しているのは間違いないのですが、

例えば、甘いものがやめられない!どうしても!!!

 

そんな人の場合、自分が甘いものをどうしようもなく欲した時、

 

どんな気持ちなのか?

 

を考えてみると面白いです。

 

 

イライラした時?

誰かに褒めて欲しい時?

優しくされたい時?

むなしい時?

独りぼっちに感じた時?

 

人によって様々ですが、このようにパターン化している場合があります。

 

独りぼっちに感じて寂しい時に、

大好きな人からもらったチョコレート(愛情)を食べた時の幸せな気持ち、

を、甘いものを食べた時に無意識に重ねていたりするんです。

 

なので、実は甘いものを食べなくても、気持ちが、心が、満たされれば満足したりするんです。

 

この様な場合は、チョコレートを無性に欲した時に自分の感情に目を向けてみて、

あ~、なんか私寂しいかも・・・と感じていたら、

自分が誰かにかけてもらいたい言葉を自分に言ってあげたり、

マッサージやお風呂に入って身体を労わってあげたり、

自分の好きなことを、意識してしてあげるんです。

 

いつもチョコレートを食べて満足した感じになって、

わからなかった本当の自分への欲求、

を感じて満たしてあげることができます。

 

タバコやドラッグなんかもそうですね。(中毒性もありますが・・・)

 

やめたいのにどうしてもやめられない!という何かがある方は、

それを欲した時、自分の感情に目を向けてみると自分のパターンが見えて面白いですよ!

 

それに気づいたことで、そんなにそのものを欲しなくなったりするから不思議です。

 

人間って本当に良く覚えているんですよね。(思い出せないけど、笑)

過去に起こった事、事細かに覚えてて、自動操縦なんですよね。

この時はこうだったからこうしておこう!

あの時はこれで怒られたからやめておこう!

 

今回起きていることは過去のことと似ているかもしれないけど、

違う出来事なのに!!!!笑

 

過去のデータを元に、うまくいくかそうでないか瞬時に判断する。

今回は扉の鍵はかかってないのに、前かかってたから開けようともしない。

 

人間の生きていく上でのかなり便利な機能ですが、

日々成長していますから、たまには見直さないとですね!

 

 

 

LOVE

 

aki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

Comment





Comment